目的

第05巻 第十八帖 より

“ 自分で目的達せねば子の代、

子で出来ねば孫の代と、

気長くかかりてゐるのざぞ、”




自分のことになると、
面倒でズボラに なりがちです。

子供や孫のことを 考えると
幸せでいて欲しいし、
ましてや 不幸になって欲しくは ありません。

自分の行いが 子孫に繋がるならば、
自分が 起点になります。
自分のことに 責任を持って 生きよう。