道・御用

第02巻 第十一帖 より

“ 道は自分で歩めよ、御用は自分でつとめよ、

人がさして呉れるのでないぞ、自分で御用するのぞ、

道は自分で開くのぞ、人頼りてはならんぞ。”



頼る人が そばに いると
頼りっきりに なってしまいます。

言葉と行動に 責任を持って、
自分で 自分の道を 探ってみよう。




第02巻 第十七帖 より

“ 善いこと言へば善くなるし、

わるきこと思へばわるくなる道理分らんか。

今の臣民口先ばかり、こんなことでは神の民とは申されんぞ。”



落ち込んでいる時は
マイナス思考で さらに 心が沈みます。

とにかく よいことを 考えて、話して、
心と 行動を 導こう。